私は若いころから日本に行きたいと思っていました。竹所に住むと決めたとき、周りは「なぜそんな田舎に?」と反対しました。自宅の古民家を茅葺にしようとしたときは「手間とお金がかかるよ」と地元の人たちにも反対されました。イエローハウスを建てたときは「買い手も決まっていないのに」とやっぱり反対されました。

 でも結局、すべて実現しました。それはなぜかというと、私が夢を持っていたからです。日本に行きたい、自然の中で暮らしたい、茅葺の家に住みたいという夢です。夢を持っていなかったら、それらは絶対実現していなかったでしょう。夢を実現するにはいろいろな壁があるでしょう。でも壁があるときは必ずドアがあります。ドアは探せば必ず見つかり、壁の向こうに行くことができます。
―冬の章より抜粋

1700円+送料(370円)にてご購入いただけます。